ブルゴーニュを訪ねて 1


ブルゴーニュ、日本でも何となくご存知の方が多いと思います。

ヴィーニュ・エ・ヴェルジェのコンフィチュールの産地、本当はブルゴーニュ地方はどんな所?

ということで、旅の模様をご紹介させて頂きます。

日本ではすっかり馴染みのあるワイン。

先ず1番に思い浮かぶのはフランス産ワイン。

その中でもピノ・ノワールと言えばブルゴーニュ。

ロマネコンティをはじめ、数々の名品が生まれた産地であまりにも有名です。

特級畑と有名ワイナリーが点在するピュリニーモンラッシェの滞在から旅は始まります

空気が澄んでいて、長閑で穏やな優しい風が流れています。

朝には教会の鐘の音、小鳥のさえずりが目覚めの合図に…♪

 

ピュリニーモンラッシェに入る前に必ず通過する林道…

入り口が❤に!!

いくつも有名なワインの産地を抜けて・・

此処に来るとウチに帰ってきたような気分になります♪

 

ブルゴーニュ地方で今一番気に入っている滞在ホテル

何と、現在はミシュランに認定されました

偶然ですが、御世話になるところは皮肉にも人気が上昇して予約いれるのもひと苦労しました(^_^;)

今回は連泊数が短くなってしまったのでした

こちらは有名なワイナリーが経営するホテルですが、最近ハッピーなニュースが!

 

それは英サセックス男爵夫妻(ヘンリー王子&メーガン妃)の披露宴でこちらのワイン、しかも一番リーズナブルなワインが振る舞われたのです❤

ワインとお食事はまた次のブログで(^^)

村を散策すると旬のサクランボの木に。

日本と同じく様々な品種があるフランスのサクランボ。

ヴィーニュ・エ・ヴェルジェのはまた格別なサクランボ、ブラックチェリーです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です